インタラクティブな研修をするときのコツ

新入社員を育成するためにはインタラクティブな研修が必要

文字通り人材は企業にとって、大きな財産です。特許や株式もまた立派な財産ですが、有能な従業員がいてこそ組織は円滑に動くものです。人材育成に尽力する組織こそ、今後激しい企業間競争に生き残れます。新入社員はまだ学生気分が抜けていない事が多く、一人前の社会人としてのモラルやビジネスマナー、そして自社の風土を体得してもらわなければいけません。

インタラクティブな研修が若手育成に必須です。いわゆる学校形式の研修会では若手社員の理解度が上がりません。そのためには企業内部の先輩社員が講師を務めるのではなく、外部から専門の講師を呼んでコーチングを依頼したり、期間を設けて新入社員全員参加で、短期合宿を行う等の対策が必要です。

参加者を受け身の姿勢にさせないのが大事です

講師が一方的にビジネスマナーや社風をコーチングするカリキュラムだけでは、研修の参加者が受動的な姿勢になります。インタラクティブな雰囲気を構築する仕掛けが大事です。人材教育のプロ講師は、双方向性を意識したコーチングが得意です。頻繁に参加者へ質問を投げかけたり、先ほどのレッスンで教えた内容を若手社員に答えさせたり、一つのカリキュラムが終了するたびに小テストを課したりします。受け身ではいけない、そう若い社員に意識させる事がインタラクティブな研修の秘訣です。

合宿形式なら、大規模な研修も可能です。いわゆる座学だけではなく、共同体意識を高めるためにアウトドアに挑戦してもらったり、スポーツやキャンプ料理を通して社会人としての気概や仲間意識をもってもらう等、野外だからこそ出来るコーチングがあります。