インタラクティブな研修で習得しやすい能力

インタラクティブな研修で人とのやり取りを学べます

インタラクティブとは双方向、対話、やり取りという意味で、相互行為によって物事を進めていくというイメージです。人材育成のために企業などの研修で導入することによって、一方向性のコミュニケーションだけではなく、チームを組んだりグループワークを行ったりしていく中で、人とのやり取りを通じて仕事をする方法を学ぶことができます。チームで連携プレイを行うことが出来れば、分かりやすく相手に物事を伝えたり、相手の立場で想像力を働かせたりする能力を習得することにつながります。例えば、傾聴力、共感力、対人能力などの能力を身に付けられる可能性が高まります。このことは、ビジネスシーンにおいて、営業や交渉などの仕事を行う際に生かすことができます。

インタラクティブな研修は将来性が高い手法です

インタラクティブな研修は、将来性が高いため、今後多くの企業で取り入れられる可能性が考えられます。なぜなら、近年の日本社会は変化が激しく、顧客のニーズも多様化し、相手の立場に立って客観的に物事を考えられる能力が重要になっているからです。インタラクティブなコミュニケーションの訓練を行うことで、時代の変化にも対応可能で、職種や業界を問わず、様々な分野で活躍することができる人材育成へとつながります。インタラクティブな研修という用語は、新しい考え方であることから、まだ一般的には十分な認知が進んでいないかもしれません。しかし、今後世の中の移り変わりが進むことで多くの人々へ認識が広がり、注目を集める概念になっていくと言えるでしょう。